こんにちは満室侯爵サエひでおです。

今日は営業に行って来ました。
そこでいろいろお話しました。


そーいえばサイトはまだ消えませんね。
まあ、いつか消えます。
担当の方に急にお電話をしてお昼をご一緒いたしました。
その時に昨年秋に決めて貰ったお部屋の謝礼をお渡ししました。
通常と別途渡すものなのですが、数ヶ月あとにしています。
これは家賃が数ヶ月入ってからじゃないとペイしない場合があるからです。
遅れるのはご了解を得ています。
当てにされていない時に渡すので意外性が良いと思います。


色々話していて気になるお話がありました。


生活保護の方がお部屋ではなく、病院で亡くなってしまった場合です。

2つパターンがあります。
一つ目は部屋には戻れない状態で入院が続く場合は行政が荷物などの面倒を見てくれます。
つまり行政に部屋の明け渡しをしてもらえるのです。
当然ながら家賃の支払いをストップするためです。

2つ目は部屋の中で様態が急変して、救急車で運ばれてそのまま・・・という場合です。
この場合は荷物の引き取りや処分は相続人になりますが、生活保護の場合はマイナスしかない場合が多いので放棄されてしまいます。放棄されたら相続人というか親族はノータッチになります。
そうすると管財人ですが、だれも引き受け手がいません。
この場合の行政はすでに本人がいないのでノータッチです。
本人がいてこそ生活保護のシステムが働いています。
どーなるか?
残置物の処分は大家さんの負担になるとのことなのです。

これが何件か発生して大変とのことなのです。
その不動産屋さんが行政、親族などに働きかけた結果、
結局大家さん負担になるとの結論を聞いたのです。

びっくりですね。私もこれは想定していませんでした。
この場合は漠然ですが、部屋は親族さん達がなんとかするとか思っていました。
放棄されたら知らぬ存ぜぬになるのは理屈でわかりますけど。うーむ。

アイアル少額短期保険の「無縁社会のお守り」などの保険では、上記2つ目は対応できません。あくまでも部屋でなにかあった場合を想定された保険だからです。

私も保険を本職にしてますが、思い当たるものがありません。
不動産屋さんの話ではどこかの保険会社で火災保険の借家人賠償責任保険特約の費用保険金としてこれを金融庁とすり合わせしている保険会社があるとのことですが、まだそんな話がある程度なので難しいです。

様々なリスクがあるのだと思いました。


満室、満室〜!!!!

君は生き延びることができるか?