新作出た!!
CASHFLOW101式 CD「激安アパート経営」


まあ、ギリギリです。

10日入居なのだが、完成は8日だ。
うーむ。

8日か9日に群馬に最終チェックに行く予定だ。
本当は昨日行くはずだったのだが、完成していないのに行っても仕方がないのでは?という判断だ。

行ったら写真をたくさん取っておくことにする。

23日に入居予定もあり、これで年内に満室だ。



と思ったら横浜の不動産屋さんから着信だ。

更新についてと、雨どいから水が溢れる件だ。


ホッとする。
満室で電話があるとビビる大木だ。



更新は条件かえずに更新料はサービスで不動産手数料はこちらもち。
顧客サービスの一貫だ。
契約書には更新料とることにしているが、横浜は更新時にサービスにしている。もしも値下げを希望してきたら、値下げする代わりに今後は更新料を貰うと伝えるという奥の手も考えている。
火災保険料と更新の手間はお願いする。でも5万円もサービスされたら嬉しいだろう。私だったら喜ぶ。
更新料をとらないと計算上は手数料負担の2万5千円のマイナスだが、あとの半分はこちらに入っているはずだったので1年15万円のマイナスなのだ。空室になるキッカケを消せるのなら安いものだ(と言い聞かせる)。
昔にも書いたのだが、半額にするという手を考えたが、「訴求性」が低いと判断して残額サービスにしている。このあたりは考え方だろう。


雨どいは2メートルくらい詰まっていたとのこと。
1万3千円の出費である。詰まらん(つまらん)出費だ。

あとは年末に向けて「本業」に気合を入れるぜ!!!



満室、満室〜!!!!!


君は生き延びることができるか?