新発売 「20棟・406戸・家賃収入二億四千万円への道&リフォーム」森本レオ風味ナ男前の 三代目大家 マサ氏との対談CD
CASHFLOW101式
CD「激安アパート経営」


最近のお話です。
どうも更新していないのは、方向性が定まらないからかな?
昔は結構一本道だったのに。


群馬では予約が入っている。あともう一部屋フルリフォームが必要な部屋がある。ここは最悪3月20日退去とのこと。うーむ。あと退去予定の部屋が延長になった。退去(予定含む)3部屋中2部屋がなんとか決まっている。予定だから油断はできない。

横浜は仕上がってから昨日部屋に行ってきた。洗濯機の簡易トラップに水を入れた。ここも次の一手を考える。



新しい物件がほしくないのか?
そう聞かれることが多い。

もちろんほしいというか買う増やす。

このように書くと「?」という人がいるのはわかっている。

しかし私はマイナスからのアパート経営だ。
だから戦略は人の状況によるのだ。


もちろん増やすにしても無尽蔵、無差別にではない。メインサイトの立ち上げから書いているが明確に数字にブレは無い。ただ、大砲巨艦主義では無くなった。わが国力では無謀である。

この商売は借金をするならある程度の規模最低30室、私の考える適正最大は50室だ。それ以上は自分の手に余ってくるので、「生業」まででとどめないで本気でそれ以上を目指すなら「組織の力を得る」か「積極的アウトソーイング」の「事業」になる。
また生業までで借金が無いなら20室程度が良い。欲を言うと25室はほしいかな?家賃5万円程度で。形はワンルーム20室などでも良い。リスクが分散できる。物件は複数、場所が違うのが好ましい。

とまあ、考えている。今までも書いている。

現在18室なのであと12室だ。あんまり古いのは避けたいな。懲りたからね。4部屋か6部屋の物件で考えている。まあ、状況によりますが。



先日恵比寿のI氏とお話した。非常に楽しいし、勉強になる。
やはり成功している人、前向きな人、未来を語れる人と話すと楽しい。

話していると自分の動きが鈍っているのが判る。
停滞と言ってもいい。

それとうれしいメールをいただいた。
同じ横浜に住んでいらっしゃるラットレースから抜けられた方だ。
群馬の話がでませんね。ということで特に満室になったら書こうと考えていたのもあったのだが、ご心配をおかけしてしまった。

またブログも1ヶ月近く更新しなかった。

停滞している証拠だ。

30人近い人がまだ、きてくれている。

その数字を見て今日はこんな時間だが、書こうと思った。

筆をおいたのではない。決して。

このサイトを作ったのが2004年7月29日だ。
あれから4年半たった。
4年間もブログを書いているんだな。

2004年7月30日のブログ


70万掛けた部屋!!!とある。
一番最初で何にも知らなかった。
まだこの部屋には畳のフローリング化と室内洗濯機置き場の工事が必要だ。今なら最初の70万で全部できたのにな。
あ〜、70万も掛けたんだ。

昨年から今年に掛けて自分でリフォームした部屋の総額は40万円くらいだ。まあ、上記はキッチンセット交換が含まれているけど・・・。勉強料としては高かったな。しかし、その勉強があったから今があるんだ。


感慨にふけっていたら眠くなってきた(爆)。


満室、満室〜!!!!



君は生き延びることができるか?