キラーアイテムというか設備について考える。



ランクは勝手に私の判断です。☆5個最高

私は都市部(横浜市保土ヶ谷区)と地方(群馬県伊勢崎市)に物件を持っています。この両者では求められているものが違うんです。



◎テレビインターフォン  ランク☆☆☆☆
予算 15000円(労働力注入)から25000円(持ち込み取り付け業者)

3年前は強力な「キラーアイテム」でした。装着率が非常に低かったです。本体の値段が非常に高く家電屋で3〜5万しました。これに工賃が入ると・・・。当時月5万円の家賃にカラーインターフォンはインパクトがありました。
今はホームセンターでもカラーで18000円、オークションで15000円ほどで入手可能です。また、様々な本で紹介された結果、紹介されているから「とりあえず」装着ということもあるでしょう。最近の藤原紀香さんのCMでも「テレビインターフォン」は完備と出てきます。つまり「都市部」では一般的な装備になりつつあります。ただ、まだまだ普及率は低いので効果はあるでしょう。




◎ディンプルキー  ランク☆☆
値段 7000円(自分) 15000〜20000円(業者)

テレビインターフォンと併せると効果が高いでしょう。「防犯セット」です。これも昔は結構敷居が高かったのですが、最近は安くなりました。ただ、メーカーによって品質がまちまちです。これは注意しないといけません。メーカーの評価はいろいろ問題があるのでここでは書きません。
都市部では「効果」があると思います。しかし、地方では鍵自体を交換しないのが当たり前みたいなところもあります。つまり鍵自体の感心が低いのです。




◎スイッチカバー  ランク☆☆☆☆(コストパフォーマンスは最高)
予算 一枚80円から110円×枚数

3年前に初めてアパートを購入し、空室が発生したとき、真っ先にしたのが「スイッチカバーの交換」です。古いのをハズした後、マジックリン付きの雑巾でコンセント、スイッチ本体を綺麗にしてから装着します。そうしないとカバーが新しすぎて浮きます。ここは変えると結構印象が変わりますが、3年前は「クリーニングするので何で交換するんですか?」と不動産屋さんに聞かれました。その程度の認識なので公課はあったと思います。しかし、さすがに気づく人が増えたので、このブログを見ている人は交換しているでしょうね。セミナーでもよく取り上げられるようになりました。




◎シングル混合栓  ランク☆(家賃が高い場合は☆☆☆)
予算 9000円(自分)〜15000円(業者)
(取っ手のみなら1個800〜1200円くらい)

これは蛇口の取っ手の部分を新品に交換し、磨くのも手です。ただ、ものの印象はシングル混合栓のほうがいいでしょう。キラーアイテムというのではありませんが、貧相な古いキッチンの印象アップはできます。ただし、同時にキッチン本体も「塗り」か「カッティングシート貼り」は必要です(交換できれば最高ですよ)。新旧が混在するとより古く見えますので見た目の「バランス」も大事です。また、本によっては蛇口をおしゃれなものに換えましょうと書いてあります。それでキッチンの印象が変わりますよと、それは家賃が高い物件なら大きな「差」がでます。




パート2へ